動物看護士になるには

動物看護士は、人間の治療をする医者と看護師のような関係とは違ってきます。動物看護士は動物を取り扱うすべての業種で必要不可欠な資格になります。動物看護士は、トリマーやブリーダー、トレーナーなどペットに関するプロなら誰でも取得しておきたいものなのです。厳しく言えば動物看護士のライセンスを持ってはじめてペットのプロと言えます。

 

動物看護士は公的な資格ではなく民間の資格になります。ですから、各団体が主催する通信講座や専門学校に通う必要があります。できれば通学の専門学校が理想ですが、遠方であったり他の仕事で忙しい方には難しいものです。

 

そこで、日本ケンネルカレッジの「動物看護士養成専門講座」がオススメです。この通信講座では、JCSA 認定「動物看護士」マスターライセンスが取得できます。

 

それに、この通信講座は、ペット資格の専門学校が直轄しているいるため、専門学校で直接技能の指導が受けられる実技スクーリングが用意されているのが大きな特徴です。実技スクーリングは任意ですが、実技スクーリングまで受講すると、JCSA 認定「動物看護士」インストラクターの資格も取得できます。実技スクーリングは遠方の方には宿泊費無料のホテルを用意してくれるという嬉しい特典も付いています。

 

また、通信講座だと一般的に登録ができない「動物取扱責任者」に登録ができるのは他の通信講座にはない日本ケンネルカレッジの大きな特徴です。(動物取扱責任者は、ドッグトレーナーとして独立開業したい方に必要)

 

公式サイトから無料資料請求すると詳しい資料が送られてきますよ。

 

動物看護師統一認定試験について

 

現在、複数ある動物看護師の資格を統一化しようという動きがありますが、国内のすべての動物看護師資格が一本化されるわけではないそうです。また、既存の通信資格で実務や就職に不利という状況にはなっていないようです。

 

 

>>日本ケンネルカレッジの公式サイトはこちら

 


アロマ検定 アロマの検定を受けたくて専門学校か通信か迷っていましたが、一括資料請求サイトを使ったらいろんな学校からまとめて資料が届いて便利でした。